Customer(顧客):
どのようなValueを望んでいるのか、劇的な体験とは何か

Company(自社):
自社の製品、サービスの生み出すValueは何か

Competitor(競合):
競合他社の状況はどうか

Channel(販路):
どのようなチャネルで提供するのか

最適なValue Propositionを分析し、このビジネスの狙い、期待効果を定義します。

エグゼスターでは、徹底的な自社ブレーンストーミングを行い、お客様との共同作業によりビジネスモデル策定作業をお手伝いさせていただきます。

株式会社エグゼスター  2001-now,Copyright(C)exestar Allrights reserved.